自由を目指す ぽに子の道

パート主婦/小6ゲーム男子の母/ 夢は家族みんなが幸せでお金に困らない生活を送れること/おキャンプ研究部所属。メルカリ同好会。PTAには入らない派。

これだけあれば大丈夫!キャンプに持っていく着火道具一式

こんにちは、ぽに子です。

家族3人で関東近郊を中心にキャンプしてます。

 

******

おキャンプと言えば、

火起こし、焚き火、炭火・・

f:id:ponikox:20210809100659j:image

 

と、多くの場面において

着火は欠かせない作業です。

 

また、おキャンプの楽しみでもあります。

 

着火の道具もいろいろありますが、

今日は、我が家がおキャンプ道具として

一緒に持っていく着火道具についてです。

 

 

 

 

いつも連れていく着火道具たち

我が家のおキャンプに連れていく着火道具たちは、

  • チャッカマン
  • 着火剤
  • 火吹き棒
  • マッチ
  • ファイヤースターター
  • 麻ひも
  • バーナー

です。

これらを一まとめにして、キャンプの箱に入れています。

f:id:ponikox:20210809095331j:image

 

気分や状況により使い分けています。

これだけあれば、

ほとんどの場面で対応できると思います。

 

着火道具の使い分け

先にも書きましたが、

着火道具は気分や状況で使い分けています。

 

時間もあってゆとりがあれば、麻ひもにファイヤースターターで着火する方法をとります。

 

麻ひもはホームセンターの他、100均でも売っています。

 

ファイヤースターターは、↓これです。  

 

金属棒を擦って火花を出して着火します。

 

100均(セリア)でも売っていて、まだ使っています。

(ちゃんと使えるのでお試しにいいかも)

 

時間がない時や、湿気や風が強い時は、さっさと諦めて着火剤と着火マンで火起こしします。 

 

↑これは個包されているので、必要な分を持ち運ぶのに良いです。

  

おキャンプでは火起こしも楽しみたいですが、火がなければ始まらないこともあるので、状況によっては、着火剤とチャッカマンを使うなど、さっさと切り替えるのも手です。

 

火花から火を育てるのも楽しいよ!

はじめて自分でできた時は感動したよ!

 

バーナーも一応用意しています。

気温が低かったり薪がしけっていたりして、なかなか着火しない時にはとても頼りになります。

着火剤も切らしていて急ぎたい時にも使えますし、料理で表面を炙る時などにも使えます。

 

たまに使うと子どもは大喜びです。

「ファイヤー!」 

 

※バーナーであっても、着火しやすいモノの準備がなければ、けっこう時間かかります。

  

ファイヤースターターで着火に挑戦

本格的火起こしのイメージのあるファイヤースターターですが、使いこなすには少し時間が必要かもしれません。

 

慣れです。

 

コツを書くなら、金属棒を削って出る粉を麻ひもにふりかけるように、しっかりけずること、ぐらいです。

 

簡単な手順です。

  1. 薪を割っておく
  2. 小枝・杉の葉など、乾いた燃えやすい素材を用意
  3. 麻ひもをカットし、ほぐしてまとめておく
  4. 3の麻ひもの上で金属棒を削る(粉をかける)
  5. 金属棒とストライカーを擦り合わせて火花を出す
  6. 5の火花を麻ひもに当てて火をうつす

 

麻ひもは、

5センチ程度の長さにカットしたのを、

10本くらい用意します。

こよられているのを、

ほぐしておき、ふんわりまとめます。

f:id:ponikox:20210926154647p:plain

ほぐしてまとめた麻ひもにかかるように、

金属棒をけずります。

f:id:ponikox:20210926155733p:plain

 

その後、ストライカーでシュッシュっと擦って火の粉を出し、その火の粉が飛んで着火させます。

f:id:ponikox:20210926160349p:plain

 

麻ひもはすぐ燃え尽きてしまうので、

火を移すための次の段階のものを用意しておきます。

 

よく乾いた、杉の葉や松ぼっくりがあればベスト、

f:id:ponikox:20210809095223p:plain

薪用の木の皮部分や、小枝、

薪を細かめにカットしたり、

f:id:ponikox:20210809081903p:plain

フェザースティックを作ったりして、

着火しやすい環境を準備しておきます。

 

着火した麻ひもから、

燃えやすい素材(杉の葉や小枝)を使って、

火をうつし、大きくしていくイメージです。


www.youtube.com

 

火花から火を起こしていくのも、

なかなかロマンがあります。

 

慣れが必要なので、

うまくいかない時のために、

他の着火道具も用意しておくと安心です。

必要以上のストレス要因を排除するのも大事!

 

おわりに

普通に火が起こせれば用が足りる場合、

着火剤とチャッカマンがあれば十分です。

 

よく乾いた小枝や杉の葉、松ぼっくり

油を含んでいて、良い着火素材になります。

 

その他のアイテムとして、  

マッチは、我が家では子どもに使わせています。

子どもに使わせると、たくさん失敗するので、

あっという間になくなります。 

 

今の子どもたちは、

なかなか火を扱う機会がないので、

キャンプは経験するチャンスです。

 

怪我をさせないように

気をつける必要はありますが、

火起こし〜火の始末まで、

一緒に体験できるといいですよね。

 

ではでは。

ぽに子

 

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

ponikox.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ