自由を目指す ぽに子の道

いい歳なのに、なんかお金がない。 何かあったらアウトかもしれないぽに子が始めたお金のお勉強と行動の記録です。

もし稼ぎ頭の夫が亡くなってしまったら、私たちはどうなるか?

こんにちは、ぽに子です。

いよいよ我が家のレンジが危険な兆候をしめしてきました。

冷凍の解凍がぜんぜん出来なくなっちゃった…

 

 

******

今回は、我が家の稼ぎ頭である夫が、

もし亡くなってしまったら、残された私たちはどうなるか?

についてです。

f:id:ponikox:20210421130913p:plain


 

最初に書いておきますが、

お金の話です。

 

我が家は、会社員で平均年収の夫とパートの私、子どもの3人暮らしです。

子どもはまだ小学生です。

 

もし夫が亡くなってしまったら、経済的にどうなるのかは、とても気になる内容ですが、ずっと分からないまま来ていました。

 

 

もちろん、亡くなる場合だけではなく、重い病気になったり、後遺症や障害を持つことになることもあるかもしれません。

 

色々なケースがあると思われますが、今回は、亡くなってしまった場合についてです。

 

******

先日、twitterでこんな記事を見かけました。

 

 

あぁ!!

知らない方ですが、

ありがとうございますぅ!!

 

私がよく見ているリベ大でも取り上げられている遺族年金。


www.youtube.com

見てはいますが、まだ理解は出来ていませんでした。

f:id:ponikox:20210418175711p:plain

 

でも、これってちゃんと知っていないと、これから自分たちがどうすればいいのか考えたり、準備することが出来ません。

 

ということで、コレを機に、我が家versionで調べてみようと思います!

(先のtweetの方のおかげです〜)

 

■そもそも遺族年金とは何か

リベ大の両学長によると、遺族年金とは、

国民年金」や「厚生年金」の加入者が亡くなると、死亡当時に生計維持関係があった遺族に「遺族年金」が支給される制度。

残された家族が、路頭に迷わないための制度やな。

神降臨!

f:id:ponikox:20210421131842p:plain

遺族年金には2種類あるそうで、

  1. 遺族基礎年金
  2. 遺族厚生年金

 

自営業者・フリーランスは1だけ、会社員なら1+2がもらえるそう。

我が家は会社員なので1+2です。

 

■ 遺族年金はいくらもらえるのか

受給額は家族構成などにより変わるそうです。

 

眠たくなる支給要件等があるので詳細はこちらでご覧ください。

日本年金機構のHPです。

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-04.html

 

遺族年金受給額早見表というのがありました。

ネットで「遺族年金受給額 早見表」でたくさん出て来ます。

今回はオリックス生命のページがわかりやすかったのでそちらを参考にします。

 

<2020年版 夫が亡くなった場合>

f:id:ponikox:20210421132941g:plain

遺族年金早見表 オリックス生命より

 

これで見ると、我が家は子どもが18才になるまでは、

  • 遺族基礎年金+遺族厚生年金で、月額14.2万円(年額1,707,293円)

が支給される目安額となるようです。

 

また、子どもが18才を超えた場合、遺族厚生年金+中高齢寡婦加算で、

  • 40才〜64才までなら、月額8.2万円(年額987,093円)
  • 65才以上なら、月額9.8万円(年額1,182,493円)

が支給されるそうです。

 

会社員の場合に加算される遺族厚生年金は、平均年収により変動するそうなので、

多少の前後はありそうですが、目安としては十分成り立ちます。

 

つまり我が家の場合、

  • 子どもが18才になるまで、遺族基礎年金+遺族厚生年金で、月額14.2万円(年額1,707,293円)
  • 子が18才を超えて、私が64才になるまで月額8.2万円(年額987,093円)
  • 私が65才以上になったら、月額9.8万円(年額1,182,493円)

支給されそうだ、ということが判りました。

 

ありがたや〜

 

f:id:ponikox:20210421135025p:plain

■ やっぱり生活費の把握は必要

私、ついちょっと前まで、生活費を把握していませんでした。

基本、夫にお任せでした。

 

さらに少し前、夫の異動があり、コロナ禍もあり、色んなことがあって、夫が超ネガティブモードに突入し、不安をたくさん口にするようになりました。

f:id:ponikox:20210421142202p:plain

 

たくさん話を聞いてあげたり(つもり)、気分転換にお出かけして見たり、映画やアニメで物語の世界に没頭してみたり、運動してみたり、断捨離してみたり、思いつくこと色々やってみたんですが、なかなか回復の兆しを見せず…。

 

見ていても辛いし、家族の空気も暗くなっちゃうし、なんとか、なんとかしたいと考えて色々やってみたものの1つに、

お金の勉強

がありました。

 

なぜお金の勉強?って思うかもしれませんが、

f:id:ponikox:20210421142243p:plain 

夫のこぼす愚痴に、

「頑張っても頑張っても、生活に精一杯でお金がたまらない…」

「会社は昇進して給料もらえって言うけど、これ以上昇進したくない…」

「わずかなお金のためにこれ以上しんどくなりたくない…」

「昇進したくないけどお金は欲しい…」

「どうしたらいいかわかんない…」

っていうラインナップがありました。

 

f:id:ponikox:20210421140810p:plain

だから、ちょっとお金系の勉強をはじめて、何か役に立てればいいなと思ったんです。

ネットで見ていても、意味不明な言語を見ているようだったので、YouTube先生にお世話になることにしました。

f:id:ponikox:20210421141538p:plain

YouTubeは、AmazonprimeかSwitchでテレビに繋いで見ているので、夫が帰って来たりすれば、なんとなく耳に入り目に入るという状況となり、現在に至るのですが、このお金の勉強を始めてから、

夫が元気になった

んです。

 

 

いろいろ、分からなかったことが少しずつ分かるようになって、

どうしたらいいか、1人で抱えることなく、夫婦や家族で考えて、

勉強したり挑戦したりするから忙しくなって…

 

気がついたら、ネガ・ティブ夫がいなくなっていたんです!!

f:id:ponikox:20210421142104p:plain

と、ちょっと話はそれましたが、それ以降、家計の管理もひとまず私がするようにして、生活費を把握して、見直しと倹約に務めております。(ちなみに今月も赤字確定してます)

 

話は遺族年金に戻りまして、遺族年金という制度は本当にありがたいです。

大事なのは、もしもが起こった時に遺族年金とプラス何があれば生活していけるか、です。

生活スタイルなどは家庭によってまちまちでしょうから、遺族年金を知った上で、もしもが起こった時にどう備えるか、というプランが必要になってきます。

そのために、自分たちの生活費がどんなもんか知っている事は大事なんですね。

 

 

はー。

よくこの歳までそういう事知らずにボケっと生きて来たもんだよ。

f:id:ponikox:20210421143655p:plain

リベ大の両学長の言う、遺族年金を踏まえた上で民間の生命保険の見直しっていのは、こういうことですね。

むやみに保険にはいるんじゃなくて、自分達にはいくら必要なのかを知った上で入れと。

 

■ 遺族年金を知った上での今後に備える

で、私は現在パート務めをしておりますが、遺族年金とパート代で、生活は何とかなるかもしれません。

家は持ち家で、ローンは夫と私で半々で組んでいます。

もしも夫が亡くなったら、夫のローンの負担分はなくなります。


www.youtube.com

 

夫の負担分は消えても半分は残ってしまうのですが、自分の住んでいる場所の賃貸相場からは、はるかに安い負担で済みます。ワンルームアパートより安いかも。 

ローンも半分になって、車も私が免許ないから手放して、車ないから遊びに行くのも限定されてくるだろうし、食費もだいぶ下がる。

 

かわって心配なのは学費です。

もともと余裕がないので、いわゆる学習塾的なところにはまだ通っていないし、習い事も特に続かなかったりして、今は教育費に多くを割いていません。

f:id:ponikox:20210421145228p:plain

まだ小学生だから成り立つのかな?とも思いますが、自分で学ぶ力をつけることを第一優先に、なるべくお金をかけずに、工夫して色々やっています。 

 

 

できるだけ国公立で頑張っていただきたいものですが…

sure-i.co.jp

こういうのは、知りたいけど知れば煽られるし、知らないと大事な事逃しそうだし、あまり向き合いたくないけど、仕方ない。

  • 国公立大学2,425,200
  • 私立大学(文系)3,623,655
  • 私立大学(理系)4,861,811

理系の私立を希望した場合、500万ですか。

単純に計算して、月10万!!!

f:id:ponikox:20210418135356p:plain

国公立だと、月5万。

知ってはいましたよ、一応。

 

いざとなったら売るか?

ponikox.hatenablog.com

 

 

 

月々で支払うものじゃないから、その時までにある程度どんと出せるようにしとかないとですね。

f:id:ponikox:20210418125518p:plain

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・はっ

 

 

ちょっと気持ちが遠くに行っていました。

f:id:ponikox:20210421150053p:plain

改めて子ども全員小学生から塾行かせて中受して、ずっと私立ってすごすぎる…

 

我が家はあと6年で、500万の目処が立つかどうか…

ともかく自宅から通ってもらうことは必須です…

何ならしばらく実家で暮らしてお金貯めて下さい。ずっと居てくれていいです。

 

 

続きは、寝ながら考えます。

 

ではでは。

ぽに子

 

プライバシーポリシー お問い合わせ